筆跡鑑定、印鑑鑑定、画像や音声の鑑定など、各種書類の鑑定や裁判資料の作成を承っております。

裁判で勝てる鑑定書、作成します

豊富な経験と専門知識で真実を明らかにします

サイトマップ

 HOME
 │
 ├鑑定業務
 │  │
 │  ├筆跡鑑定
 │  │  ├【失敗しない筆跡鑑定依頼法】
 │  │  ├01)個人内変動と鑑定対象文字の選択
 │  │  ├02)筆跡鑑定と筆跡学の違い
 │  │  ├03)似ている署名と筆跡鑑定
 │  │  ├04)筆跡に影響を与える外部要因
 │  │  ├事例01:捏造された遺言書
 │  │  └事例02:内容の違う契約書
 │  │
 │  ├印影鑑定
 │  │  ├【失敗しな印影跡鑑定依頼法】
 │  │  ├01)偽造されにくい印影(印鑑)とは
 │  │  ├02)偽造印影=偽造印鑑(印章)ではない
 │  │  └03)「印鑑証明」は信用できるか?
 │  │
 │  ├画像鑑定
 │  │  ├事例01:防犯カメラ画像を証拠にした冤罪
 │  │  └事例02:科捜研痛恨のミス
 │  │
 │  └音声鑑定
 │     ├【音声鑑定とは】
 │     ├事例01:録音された声は誰の声か
 │     └事例02:交渉録音音源の改ざん痕
 │
 ├遺言書
 │  ├01)「検認」は遺言書の正当性を保障しない
 │  ├02)遺言書偽造疑惑 - 遺言書のどこを見るべきか
 │  ├事例01:署名だけが故人の筆跡の遺言書
 │  └事例02:日付が変わってしまった遺言書
 │
 ├契約書
 │  ├01)法人の印影はなぜ偽造されやすいのか
 │  └02)海外企業との契約書の偽造(日本語以外の署名)
 │
 ├意見書・反論書
 │
 ├事例
 │
 ├鑑定の手順
 │
 ├鑑定料金
 │  └特急鑑定
 │
 ├よくあるご質問
 │  ├筆跡鑑定に関するご質問
 │  ├印鑑(印影)鑑定に関するご質問
 │  ├音声鑑定に関するご質問
 │  ├画像鑑定に関するご質問
 │  └鑑定全般に関するご質問
 │
 ├鑑定事前検査(初期検査)
 │
 ├研究所概要
 │
 └お問い合わせ