筆跡鑑定、印鑑鑑定、画像や音声の鑑定など、各種書類の鑑定や裁判資料の作成を承っております。

裁判で勝てる鑑定書、作成します

豊富な経験と専門知識で真実を明らかにします



「検認」は遺言書の正当性を保障しない

遺言書が存在する場合、被相続人が亡くなると出来るだけ速やかに家庭裁判所において「検認」を受ける必要があります。
検認とは、裁判所において遺言書を確認する作業です。
これは義務ですので、いきなり兄弟等から遺言書があると告げられて、遺言書の存在に納得がいかなくても検認を受けなければなりません。
封筒などに封印されている場合、検認前に開封すると罰則の対象になるので、内容不明のまま検認に望むことになります。封印されていない遺言書の場合、そのままの状態で検認を受けます。
納得できるか出来ないかはさておき、ここまでは義務の話ですから遺言書が存在する以上、実行せざるを得ません。
問題は、検認は何のために行われるか、です。

遺言書の検認は『検認以後に偽造、改ざんが行われることを防止するために行われる』のです。

検認は、検認時点で確認された遺言書の内容を記録することで、検認以降に誰かが勝手に遺言書を改ざんしたり、中身を替えた遺言書を偽造したりしても「検認時点ではこんな内容だったので、それは改ざん・偽造されたものですよ」と証明するための備えです。だから、検認は義務になっています。
逆に言えば、検認が保障してくれるのは「検認時点の内容の記録」だけです。
つまり、検認以前に遺言書が偽造されていたり、改ざんされていても、検認では一切関知しないということです。

偽造された遺言書が検認されることなど別に珍しくありません。
そもそも検認は中身の正当性を保障するものではないのですから。
検認を受けたことが、その遺言書の正当性を証明しているかのごとく勘違いしている方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。
検認と遺言書の有効、無効は一切関係ないのです。

遺言書の無効を訴えるには裁判を行うしか方法はありません。
そして遺言書無効の証明手段として重要になるのが筆跡鑑定なのです。

遺言書が既に検認を受ているからといって、落胆したりあきらめたりする必要は全くありません。
出来るだけ早く、遺言書の無効を証明する努力をすべきでしょう。

遺言書-目次へ 】【鑑定申込みの流れ】【無料鑑定事前検査(初期検査)】【電話:03-4405-8887