筆跡鑑定、印鑑鑑定、画像や音声の鑑定など、各種書類の鑑定や裁判資料の作成を承っております。

裁判で勝てる鑑定書、作成します

豊富な経験と専門知識で真実を明らかにします



似ている署名と筆跡鑑定

筆跡鑑定が必要になるケースは、基本的に署名の偽造や改ざんが疑われている状態です。ご相談を受ける場合に多々遭遇するのですが、同一の筆跡(同一人物の筆跡)なのではないかと考えてご相談頂く時に「よく似ているでしょ」「そっくりでしょ」と力説される方がいらっしゃいます。そして鑑定人でも「よく似ているから同一筆跡」などと主張する方もいらっしゃいます。

これは危険なことです。

そもそも、署名を偽造したり改ざんするような状況ですと、当然ですが『出来るだけそっくりに』書こうとします。もちろん適当に書いてしまう例も珍しくありませんが、基本的には横に手本を置いて真似て書きますし、場合によっては元になる署名を下に敷いて上からなぞる、上からプロジェクターで署名を投影してその映像をなぞる等々極力元になった署名に一致させるような努力をします。
一般の方々が「似てる」「似てない」を論ずる場合と鑑定人が同一の筆跡かどうか鑑定する場合にチェックするポイントは全く異なります。
特に、加齢による文字の変化や、怪我や病気による筋力低下や機能低下に伴う文字形状の変化は遺言書などではよく見られるもので、一見して別人の文字に見えても前述の点を考慮すると同一人物と判断できる場合もあります。

逆に、本当にそっくりに書けていても、線の流れや太さ、勢いや形状の一致具合、手本をなぞっているにもかかわらず気が付かないうちに出てしまう入筆や終筆、線のつなぎなどの模写している人の固有筆跡などを総合的に判断して鑑定結果を導き出します。
時には形状が寸分違わぬ署名を発見することもあります。
ですので、もし署名等の文字に改ざんや偽造といった疑問を持ったら、ご遠慮なく当研究所へお問い合わせ下さい。


筆跡鑑定-その他の目次へ戻る 】【鑑定申込みの流れ】【無料鑑定事前検査(初期検査)】【電話:03-4405-8887