筆跡鑑定、印鑑鑑定、画像や音声の鑑定など、各種書類の鑑定や裁判資料の作成を承っております。

裁判で勝てる鑑定書、作成します

豊富な経験と専門知識で真実を明らかにします

鑑定書と意見書、反論書はどう違うのですか?

意見書は第三者の意見が必要な場合で、既に鑑定書が双方ともに出ている状態で双方の鑑定書の評論も入れた内容をまとめたものです。
反論書は、相手方から出された鑑定書や弁護士からの追求に対して、専門的な見地から反論を行うものです。意見書は自陣営の意見の補強や相手方の鑑定書の有効性を低下させることを目的にする場合が多く、反論書は相手方の鑑定書の有効性を消すことを目的として作成する場合が多くなっています。
どちらも、既に行われている裁判の資料を読み込んだ上で対応することになりますので、作業量と難易度が本鑑定より高くなります。

【戻る】

意見書、反論書の作成にかかる期間はどのくらいですか?

反論内容、意見書のレベル、読み込む必要のある案件資料の量によって異なります。
意見書、反論書ともに原則6~8週間程度お時間をいただきます。

【戻る】鑑定申込みの流れ】【無料メール相談】【電話:03-4405-8887

裁判で証人になっていただけますか?

対応可能です。
意見書、反論書は裁判での使用を前提としていますので、鑑定人尋問への対応も有償にて対応させていただいております。
鑑定人の多くが高齢などの理由で鑑定人尋問を忌避する傾向がありますが、当研究所はしっかり証人を勤めさせていただいております。

【戻る】