筆跡鑑定、印鑑鑑定、画像や音声の鑑定など、各種書類の鑑定や裁判資料の作成を承っております。

裁判で勝てる鑑定書、作成します

豊富な経験と専門知識で真実を明らかにします

筆跡鑑定

遺言書、契約書等各種文書における署名などの文字が偽造かどうかを鑑定します。

詳細を読む

印影(印鑑)鑑定

ビジネス文書や契約などで押印された印影や、印鑑が偽造されたものか否かを鑑定します。

詳細を読む

画像鑑定

写真や動画、防犯カメラ画像に写った人物の鑑定や、改ざんの有無等を鑑定します。

詳細を読む

音声鑑定

ICレコーダー等で録音されたデータに何が収録されているか、録音された音声の話者の声紋分析などを行います。

詳細を読む

鑑定はノウハウの塊です。
【鑑定専門家の鑑定書】でなければ勝てません

筆跡鑑定をはじめとして、各種の鑑定をおこなうに豊富な経験と高い知識が必要なります。現代では探偵社などが鑑定の依頼を受けている例も見られますが、そもそも実際の裁判で通用する鑑定書を作成できる鑑定人は一握りしかおらず、多くの窓口は受付だけ行っています。

勝つための鑑定書が必要であれば、鑑定人と直接しっかり話をし、きちんとした方針を打ち立ててから作業に入る必要があります。当研究所は無料の初期診断を初めとして、ご依頼者がいかに法廷で、交渉で戦うべきかまでを見据えて、より良い鑑定書を作成いたします。

鑑定に嘘は書けませんが、真実の範囲内でより良い鑑定書を書くことが、紛争の勝利につながります

弁護士、司法関係の方へ

当研究所は基本的に裁判中、若しくは裁判を前提にした案件の鑑定書を作成しております。弁護士および司法関係者専門に近い状態で仕事を行っております。
急に裁判の都合で鑑定書が必要になった場合や、裁判所での証拠のデジタルデータ化や、遠方へ出張しての鑑定データ収集などの実績もございます。鑑定人尋問への対応もしておりますので、お困りの案件がございましたら遠慮なくお申し付けください

トラブルを抱えている方へ

「鑑定が必要かどうか?」「鑑定できるのか?」「これからどうしたらいいのか?」など、さまざまな疑問を抱えていることと存じます。
当研究所は「共に考える」を基本姿勢にしております。「鑑定が必要か」からはじまって、どのように進めていくかまで親身になってご相談に当たらせて頂きます。
電話やメールでの相談は無料ですので、悩んだら一人で抱え込まずにまずお問い合わせください。
電話番号は03-4405-8887です。